三日月に乾杯する吟遊詩人

余裕でダンスする兄弟と電子レンジ

あなたが感じている「グラタン」と、大多数の人が思っている「罠」は、もしかしたら全く違うかもしれない。そうやって思うと、ちょびっと不思議だね。
  • HOME

自信を持って話すあの子と横殴りの雪

甘いお菓子が非常に好みで、ケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、子供が大きくなって作るお菓子が限られてきた。
私と妻がめっちゃ喜んで食べていたら、娘がいっしょに欲しがることは当然なので子供も食べてもいいバウンドケーキをつくる。
自分は、ガトーショコラがたいそう好きなのだけれど、子供には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが体にもいいので、砂糖をひかえて入れて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

息絶え絶えで踊る母さんとぬるいビール
夕刊に、日本女性の眉の移り変わりをテーマにした、興味をそそる事柄が記載されていた。
意味を知ると、次第に色香まで感じてくるので不思議だ。
なんとなく、不気味にも見えるが、その昔は成人女性の証でもあるという。
意味を知ると、実に色香まで感じてくるので面白い。

寒い木曜の晩に友人と

友人とお昼に約束していた。
天神の駅の待ち合わせスポットになっている大きなエスカレーターの下。
そこで、30分くらい待たせることになると連絡が入った。
この場所は合流スポットなので、待っている人も次々に約束の相手が現れる。
ipodで曲を聴きつつ、人の流れを見ていた。
でもあまりにも退屈なので近くのカフェに入り、コーヒーを飲んでいた。
しばらくして、同級生がごめん!と言いながらやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタが良いとの事。
色々探してみたけれど、入りたい店を探せなかった。

夢中で泳ぐ妹とよく冷えたビール
アンパンマンは、子供に人気の番組なのだけれど非常に攻撃的に見える。
内容の最後は、アンパンチといってばいきんまんをぼこぼこにして話を終わりにするといった内容が大変多いと感じる。
小さな子にもとっても悪影響だと私には思える。
ばいきんまんが、そんなにひどいことをしていない話の時でも殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを見たら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
理由を聞かずに問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぼこぼこにして解決するから改善されず、毎回変わらない。
きっと原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

汗をたらして泳ぐ弟とわたし

子供の2歳の誕生日がもうすぐで、誕生日プレゼントをどういったものにしようかを考えている。
妻と話し合って、体で遊ぶおもちゃかためになるおもちゃか洋服などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実際に見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けれど、こどもに触らせてみたら、すぐに決まった。
ジャングルジムに一生懸命だったので、それに決めた。
ただ、今の借家が窮屈なので、小さくて折りたたみ可能なものに決めた。
値段もわりと安かったので、よかった。

寒い大安の夕暮れに歩いてみる
私は昔から、肌がそれほど強くないので、すぐにかぶれる。
それに、ボディーソープの素肌に残る使い心地が気に入らない。
しかし、寒い季節は凄くぱりぱりになるので、無添加に近いローションを使用する。
これらの製品のびっくりする部分は、価格が非常に高いので、買うのをやめようかと思わせるところ。

どしゃ降りの平日の明け方はビールを

台湾出身のビビアン・スーは、容姿端麗で素晴らしい女性だと思う。
もう30代も後半なんて、まったく見えない。
昔見たTV番組で、脳裏に焼き付いているのが、英語勉強中のビビアンが米国人からのインタビューに返答していた部分。
ちょうど学んでいる所のようだったけれど凄く熱心だった。
今となっては英語はもちろん日本語だって、すでにペラペラなんだろうなーとみている。
努力家であるビビアン・スーの素敵さは計り知れないくらいだ。

雹が降った週末の夜明けは友人と
ひとり暮らしの時、体調が悪いのに、食生活と、眠りの時間帯が変だったので、口内炎が多かった。
改善したいと考えて、生活リズムを送り、肌ケアに役立つ事をやってみようとリサーチした。
健康雑誌で勧められたのが、アセロラジュースだ。
現在に至るまで毎晩飲んでいる。
レモン以上にCがたくさん摂れるとの事だ。
健康的な体と美はやっぱりフルーツから出来上がるのかもしれない。

陽気に熱弁する父さんと気の抜けたコーラ

友人の親戚が梅干し屋さんとの事。
東京に本社を置き上海に支社もあり、和歌山に工場がある。
全国にたまに、数人で組んだメンバーでデモストレーションをするらしい。
深夜に、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!など言ったら、あ!あるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、今までで一番美味しかった。
ここで、さっそく梅干しを注文してしまった。

ゆったりと自転車をこぐ母さんと冷めた夕飯
晩酌などのお酒のおともに、絶対体に良い物を!と考えている。
ここ最近の酒の友はニンニク。
それ以前はマグロ。
そして、最近は、湯葉だけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
先日新たなおつまみを考え出した。
お店で100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、みりんと醤油を適量使用し味を調えたもの。
じゅうぶんお金はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

Copyright (C) 2015 三日月に乾杯する吟遊詩人 All Rights Reserved.

Page Top